ニュース, 国際

国連の専門家は、軍事政権の「テロ計画」を終わらせるために緊急連携を要求

ジュネーブ(2021年7月7日)—本日、ミャンマーの人権状況に関する国連特別報告者、トム・アンドリュースは、彼が表現した軍事政権の国内「テロ計画」を終わらせる為、「ミャンマー国民のための緊急連携」の緊急結成を呼びかけた。

アンドリュース氏は、ジュネーブの人権理事会で演説し、「ミャンマー国外の人々がこの悪夢を終わらせるのに役立つ措置を講じることができなかった」のは終わりの時だと述べた。

「国際社会はミャンマーの人々を見捨てている」と彼は言った。

アンドリュースは、彼が人道に対する罪として説明した「軍事政権によって犯された極端な人権侵害」を強調した。「軍事政権の軍隊は約900人を殺害し、数十万人を強制的に追放した。拘留中の人々を拷問して死に至らしめるなど含め多くの人を拷問し、数え切れないほどの数の失踪等、6,000人近くを恣意的に拘留した。」

アンドリュースは、その残虐行為にもかかわらず、2月のクーデター後、軍事政権が国を支配できなかったことを強調した。「軍事政権は、国の権力、ミャンマーの財務省の財政上の権限、および行政機関の多くの手段を捕らえましたが、国とその国民を支配できません

でした」と彼は言いました。「ミャンマーの人々は、軍事政権を非合法であると丸く見ている。実際、テロリストの惨劇が彼らに放り出されました。

「今、これまで以上に、私たちはミャンマーの人々の勇気を呼び起こし、意味のある持続的な行動の道を選ばなければなりません。」

アンドリュースのミャンマー国民緊急連携の呼びかけには、「意味のある協調的な行動を通じてミャンマー国民と協力することをいとわない国々」が含まれるでしょう。「それは、市民を攻撃する軍事政権の能力を低下させ、深刻な危機にある人々の命を救い、そしてミャンマーの危機が公正かつ恒久的な結論に達するように政治的影響力を得る可能性がある」と彼は付け加えた。

国連の専門家は、これまでの国際的な対応を悩ませてきたコンセンサスの意思決定に続く麻痺に照らして、軍事政権に圧力をかけるための強力な行動に協力することをいとわない国々の連携が必要であると述べた。「国連安全保障理事会、人権理事会および総会は声明と決議を提供したが、ミャンマーの人々は早急な行動を必要としている」と彼は水曜日にジュネーブの理事会に語った。

アンドリュースは、緊急連携が取るべき5つの重要な行動を引用しました。

  • ミャンマー石油ガス企業に対するものを含む、調整された厳しい標的制裁により、

軍事政権がテロ計画を継続するために必要な収入を大幅に削減します。

2.先月の総会決議で求められたように、ミャンマー軍への武器の輸出を非合法化する。

3.普遍的管轄権の訴訟を追求し、ミャンマーの上級治安当局に対する調査を調整します。

4.国民統一政府と協力して非軍事政権の経路を利用し、援助がミャンマーの人々に直接

 送られるようにすることで、人道援助を劇的に増やします。そして

5.国連によって承認されているという誤った主張など、軍事政権が主張しようとする

可能性のある正当性の主張を否定するために協力してください。

「将来の世代はこの瞬間を振り返り、次のように尋ねるかもしれません。「世界の人々と国は、大きな危機と必要の時にミャンマーの人々を助けるために合理的にできるすべてのことをしましたか?」

「現時点では、その質問に対する正直な答えはノーです。」

「新たな方針を設定し、ミャンマーの絶望的な人々のために正しい結果を達成する時間はまだあります」とアンドリュースは言いました。「しかし、時間は短く、リスク(危険性)がこれ以上高まることはない。」

国際連合人権高等弁務官事務所(OHCHR)より

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中