ニュース, ミャンマー, 国際

習近平氏が中国は他の国をいじめないと発言:ミャンマー国民はよりよく承知

中国の習近平国家主席は、7月1日に北京の天安門広場で中国共産党が創設されてから100周年を記念する演説で「私たちは他の国の人々をいじめたり、抑圧したり、征服したりしたことは一度もありませんし、そうすることもありません。」と発言した。

翌日、ヤンゴンの中国大使館が習氏の言葉のビルマ語訳をFacebookページに投稿したとき、多くのミャンマー国民たちが動転した。

900人近くの民間人を殺害し、数千人の民主化運動家を拘束した軍事政権を中国が支援しています。 したがって、習氏の発言が正しいかどうかを判断するのは読者に任せます。

(The Irrawaddy ニュースより)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中