国際

国連人権理事会はミャンマーに関する対話を維持することを決定

2021年7月2日に国連人権理事会はミャンマーに関する対話を維持することを決定した。 中国、ロシア、キューバ、エリトリア、ベネズエラ、フィジー、バハマだけが反対に投票した。

ミャンマーでIDを保持することに投票してくださった国に感謝します。ミャンマーの人権状況の悪化にスポットライトを当てる必要があります。加盟国に私たちの国民の声を増幅するよう呼びかけます。
国連人権理事会は、クーデターのためにミャンマーが代表されなかったにもかかわらず、ミャンマーの状況を調査するために投票しました(26対7、14人は棄権)(「対話型対話」を開催)。中国、ロシア、キューバ、エリトリア、ベネズエラ、フィジー、バハマだけが先に進まないことに投票した。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中